光のほうを見るということは

朝の空

昨日は所用で京都市内に出かけていました。

祇園祭の鉾建て

長刀鉾も組まれていました。

市内はとても暑くて、ぐったりして家に帰ってメールを開いたら、呉の友人から無事の知らせが届いていました。

営んでいる画材店はかなりの被害を受けて、泥をかき出したり片づけたりして、「前より広くなった、仕事が出来るようになった」と明るい言葉でした。

その言葉の後ろに色々な思いがある事は重々承知で、こちらもその言葉の通りに受け取りました。

「水や電気、人の温かさに感謝して頑張ってます」という言葉でメールが締めくくられていました。

幸いなことに友人の自宅とお店は断水をまぬがれたとの事。

それでも、大切なお店が大損害を受けたのは事実。

そこだけを見て、嘆き続けることも出来るのです。

友人はそちらを選ばず、水も電気も無事だった、お店も再開出来る、と考える方を選んで、淡々と自分の仕事に取組んでいるのでしょう。

いわゆる「引き寄せの法則」というものなどで、”光のほうを見る”、という事をラッキーな事を起こすためのテクニックか何かのように語られますが、本来はこういう事だと思うのです。

何が起きても、自分にとって明るく感じる方を選ぶ。そして出来る事をする。

言葉では簡単ですが、これが実際にやり遂げるのは覚悟がいります。

「何が」というところに、今回の災害のように、本当にとんでもない事が入ってきたりするのですから。

胆力が試されるのです。

友人は、それをごく自然にやってきているのでしょう。お店は以前のように、いえ、以前よりもっと、繁盛していくと思います。

型染ワークショップ