雪と虹

今朝は手がかじかむ冷え込みでした。

強い風に細かい雪が舞う中を

ダウンジャケットを着こんでえいやっと出かけて来ました。

地元の神社で神様に今年のお礼をお伝えして

郵便局で年賀はがきを手に入れて

いつもの琵琶湖お散歩コースへと歩きました。

水平線からはうっすらと虹が昇っていました。

琵琶湖の虹

あまりの寒さに人は誰もいなくて

水に浮かんでいる鳥と私だけでした。

雲と雪と湖は同じもので出来ている。

私と鳥は同じもので出来ている。

ぜんぶ同じもので出来ている。

そんな言葉が繰り返し浮かびながら

波の音を聞いてゆっくりと歩きました。

2018年あと2日です。