型染版画・山のきつね

型染版画・山のきつね

型染の技法で和紙に制作した版画作品です。
デザインをして、渋紙に型を彫り、和紙に糊を置いて、豆汁で溶いた顔料を定着させてから、水で糊を落として絵を作る技法です。

山の中に狐が一匹。日本昔話のような世界です。
個展でこの作品を観た人ほぼ全員がそう仰いました。
あのアニメのイメージもあるのかもしれません。

私は日本の山には気配があると感じます。
(海外の山を直に見た事がないので違いはわかりませんが)
神として見てしまうためでしょうか。
この狐のように山の中で独りで凛と生きているものに
どうしようもなく憧れます。

この作品は型染を始めた初期の頃に作ったものです。
同じ型で色を変えて制作もしますが、
この色の組み合わせがこの絵にはベストです。
狐の周りにある黄色と薄い赤の丸は狐の火でしょうか。
胡粉を使うなど、型染版画を始めるきっかけになった
岡村吉右衛門氏の作品に倣いました。

型染の型は、形と形がつながった状態で作る必要があります。
そのために「つなぎ」をつけますが、私はそれもデザインとして生かす方法を考えます。
技法の制約は作品の糧としてこそのものと思います。

私はひとつの型で様々な色を使って複数の作品を制作しています。
同じ絵とは言えませんので、厳密には「版画」ではないかもしれません。
エディション番号もふっておりません。
使う和紙はその時によって違います。
同じ作品は出来ません。

サイズ 254mm×251mm
素材  和紙、顔料

型染版画・山のきつね
型染版画・山のきつね
型染版画・山のきつね
お問い合わせ

◆For those who use languages other than Japanese◆
Thank you for watching my work.
Prints made on Japanese paper using the technique of stencil dyeing.
It is necessary to attach a “tsunagi” as a technique unique to typography.
I’m designing so that the ties are also part of the picture.
The limitations of the technique are the source of the work.
I work in one model in a variety of colors.
Because it is not the same picture, it is not strictly a print.
No edition number is attached.
Thank you.
CONTACT