型染版画・斉天大聖

型染版画・斉天大聖 / Stencil printing, Seiten Taisei

型染の技法で和紙に制作した版画作品です。
デザインをして、渋紙に型を彫り、和紙に糊を置いて、豆汁で溶いた顔料を定着させてから
水で糊を落として絵を作る技法です。

「斉天大聖」は小説『西遊記』に登場する孫悟空の別名です。
孫悟空がまだ三蔵法師に出会う前、猿の王様として荒っぽく活動していた頃の名前です。
私が『西遊記』にはまったのは、岩波文庫の小野忍氏訳を読んだのが始まりでした。
三巻目まで訳されたところで急逝されて、続きは中野美代子氏の訳で読んだと思います。

孫悟空が岩の下敷きになる前の、好き勝手放題、傍若無人な暴れっぷりは
読んでいてスカっとしたものでした。
漫画の方がすっかり有名になった孫悟空ですが、
元の物語も負けず劣らず冒険と波乱に富んでいて楽しいものです。

その孫悟空のカッコよさを描いてみたのがこの作品です。
型にするために形を整えていく作業がとても楽しいものでした。
(かなり昔に作った型です。2004年頃だったと思います)

私はひとつの型で様々な色を使って複数の作品を制作しています。
同じ絵とは言えませんので、厳密には「版画」ではないかもしれません。
エディション番号もふっておりません。

額はついておりません。
お好きな額装でお楽しみください。

サイズ 730㎜×565㎜
素材  和紙、顔料

It is a print work produced on Japanese paper using the technique of stencil dyeing.
After designing, engraving a pattern on astringent paper, placing glue on Japanese paper, fixing the pigment melted in soybean juice
This is a technique to remove the glue with water and make a picture.

“Saiten Daisho” is another name for Son Goku that appears in the novel “Saiyuki”.
It was the name when Son Goku used to be a rough monkey king before he met Sanzo Hoshi.
I got into “Saiki” when I read the translation of Shinobu Ono from Iwanami Bunko.
I was suddenly killed when I was translated into the third volume, and I think I read the rest in translation by Miyoko Nakano.

Before Son Goku becomes a rock underlay, you can do whatever you want
I was reading it and it was scary.
Son Goku, whose manga has become more famous,
The original story is as entertaining and turbulent as it is.

This work depicts the coolness of Son Goku.
It was a lot of fun working with the shapes to make them into shapes.
(It’s a model I made a long time ago. I think it was around 2004)

I make multiple works with different colors in one mold.
Since it is not the same picture, it may not be a “print” in the strict sense.
The edition number is also not given.

The forehead is not attached.
Please enjoy it with your favorite frame.

Size 730 mm x 565 mm
Material Japanese paper, pigment

型染版画・斉天大聖
型染版画・斉天大聖

お問い合わせ
CONTACT