型染版画・大神 / Stencil printing, Okami

型染版画・大神

型染の技法で和紙に制作した版画作品です。
デザインをして、渋紙に型を彫り、和紙に糊を置いて、豆汁で溶いた顔料を定着させてから
水で糊を落として絵を作る技法です。

モチーフは狼です。神としての狼、大口の真神、大神です。
日本の狼は絶滅してしまったという事ですが、
神としての狼はずっと信仰として生き続けていますし、
この先も絶滅はしないだろうと思います。
狼は荒ぶる神、恐ろしい神でしょう。
そして農作物を野の獣から守ってくれる神でもあります。

私は日本の昔話にある「送り狼」の説話がとても好きです。
夜の山道を一人で歩いていると、後ろから狼がついてくる。
恐れれば襲われる。恐れず逃げず、心静かにそのままゆけば静かに家まで送ってくれて
帰り着いたのを見届けて去る。
概ねそんなお話です。
帰り道を最後まで見届けてくれた狼に「ありがとうさんでした」と礼を言ったり
食べるもので返礼したりするお話もあります。

恐れれば襲ってくる。
これを自分の内にある「影」と捉える事も出来ると、
心理学の本を多く読んでいた頃に感じました。
今もそう思います。
大神は自分の内にある「影」であり「神」でもあると。
恐れれば襲われて引き倒されて「影」に喰われてしまうけれども
恐怖に堪えて歩みを続ければ見守ってくれる「神」になると。

この絵が、それぞれの内にある「大神」を感じ取る助けになればと思います。

型染の型は、形と形がつながった状態で作る必要があります。
そのために「つなぎ」をつけますが、私はそれもデザインとして生かす方法を考えます。
技法の制約は作品の糧としてこそのものと思います。

私はひとつの型で様々な色を使って複数の作品を制作しています。
同じ絵とは言えませんので、厳密には「版画」ではないかもしれません。
エディション番号もふっておりません。
使う和紙はその時によって違います。
同じ作品は出来ません。

ご自身のうちにある「大神」と出会えますよう。

サイズ 493mm×385mm
素材  和紙、顔料

It is a print work produced on Japanese paper using the technique of stencil dyeing.
After designing, engraving a pattern on astringent paper, placing glue on Japanese paper, fixing the pigment melted in soybean juice
This is a technique to remove the glue with water and make a picture.

The motif is wolf. They are the wolf as a god, the true god of Oguchi, and Okami.
The Japanese wolf is extinct,
The wolf as a god has continued to live as a faith,
I don’t think it will be extinct in the future.
The wolf is a god of trolls and a horrible god.
It is also a god who protects crops from the wild beasts.

I really like the story of “Welcome Wolf” in Japanese folk tales.
Walking alone on the mountain trail at night, a wolf follows from behind.
If you are afraid, you will be attacked. Don’t be afraid to run away
I see when I’ve arrived and leave.
That is the story in general.
“Thank you, thank you” to the wolf who saw me on the way home
There is also a story of reciprocating for what you eat.

If you are afraid, it will attack you.
If you can think of this as a “shadow” inside you,
I felt when I was reading a lot of psychology books.
I still think so.
Okami is the “shadow” and the “god” within himself.
If you are afraid, you will be attacked, pulled down, and eaten by the “shadow”
If you endure your fear and continue walking, you will become a “god” who will watch over you.

I hope this painting will help you to feel the “Okami” in each of them.

It is necessary to make the pattern of stencil dye with the shape connected.
For that purpose, I use a “connector”, but I also think of ways to make use of it as a design.
I think the constraints of the technique are the very source of the work.

I make multiple works with different colors in one mold.
Since it is not the same picture, it may not be a “print” in the strict sense.
The edition number is also not given.
The washi used depends on the time.
You can’t do the same work.

Let’s meet the “Okami” in ourselves.

Size 493mm × 385mm
Material Japanese paper, pigment

型染版画・大神
型染版画・大神
型染版画・大神

お問い合わせ
CONTACT

Follow me!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP