焼けていないトタン屋根の上の猫

お散歩と生き物のお話

今日は朝からいいお天気で暖かく、午前中に家事を済ませてから近くの神社へお参りがてら散歩に出かけました。
いつも行く神社の前にあるお家には猫がたくさんいて、今日も屋根の上には白い猫が二匹ねていました。
焼けていないトタン屋根の上の猫です(笑)

カメラを取り出す気配を感じ取ったのか、一匹が目を覚ましてこちらを見ると、
もう一匹も目を覚まして二匹で迷惑そうにこちらを見ていました。
気持ちの良いお昼寝を邪魔してしまって申し訳ない事をいたしました。

散歩の道々で出会うのは、圧倒的に鳥が多いです。
特に湖へ出かけると、トンビにカラスにセキレイにユリカモメにetcと、
あちらはこちらを気にしてはいないでしょうが、こちらは飛ぶ姿走る姿を眺めては嬉しく、
鳥を眺めに湖に出かけているところもあります。

以前は京都や東京の町中に住んでいましたので、日常で出会う鳥と言えば
カラス、スズメ。東京ではオナガもよく見かけました。
あの「ギー」と聞こえる鳴き声や綺麗な羽の色が割に好きでした。
関西に来てオナガには出会えなくなり、ヒヨドリがよく目につくようになりました。
滋賀に引っ越してからは、色々な鳥に出会えるようになり、
人間以外の生き物を毎日目にする事が出来るのが、これほど心に効くものかと思い知りました。

都会のマンションで暮らしている人が、そばに生き物を置いておきたくなるのは当然の事です。
独り暮らしでも、高齢でも、一緒に暮らす生き物を飼う自由が保障される世の中になると良いと思います。