ウィーン国立歌劇場

オペラを観ました

ウィーン国立歌劇場
人生で初めてオペラを観ました。
ウィーン国立歌劇場で上演された「オルランド」です。
川久保玲さんが衣装のデザインをしている事など話題が多く、これは観ておきたいと思っていました。

もちろん、ウィーンに行ってはおりません。
OTTAVA.tvで自宅のパソコンで観ました。
OTTAVA.tvのサービスが始まってから、色々な演目が配信されていたのですが、やっと観る事が出来ました。

オルランドは、ヴァージニア・ウルフ原作の小説をオペラ化したものです。
原作を読まないでいきなりオペラを観ましたが、事前に解説を読んでいたのと、
日本語字幕がついているのとで、特に困る事もなく楽しむ事が出来ました。

主人公が性転換するという摩訶不思議なストーリーで、前衛的なオペラでした。
OTTAVAを聴くようになってから、オペラに関する話題がよく語られるので、一度は観てみなくてはとは思っていたのですが、
今まで食指が動かなかったのは、ストーリーで「どうしても観たい!」とは思えないなぁ・・と盛り下がっていたのです。
悲劇や女性が酷い扱いを受けるものが多いなぁ・・・と。
オルランドは毛色が違うもののようだったのと、やはり川久保玲さんの衣装を観たい!と思い、やっと観られたのです。

とても素晴らしいものでした。
このストーリーにはこの音楽、この舞台、この衣装が必要だったのがとてもよく判りました。
観たあとしばらくは感覚が変わってしまって、以前と同じ事がちょっと出来なくなり、とまどうような時間を過ごしました。
これがオペラを観る醍醐味なのかな?とも思いましたが、演目が前衛でしたし、オペラを観ると毎回こうなるのかは、
他のものも観てみなければ分かりません。

TVで放映される事もあるのでしょうが、OTTAVA.tvではウィーン国立歌劇場で上演されているものをリアルタイムでも観られます。
チケットを購入しておけば、上演から3日間は何回でも観られます。
私もオルランドは同じ場面を二回ほど観ました。
自宅で、おでんなど食べながら(もっとオペラっぽいものでも良いんです)本場のオペラを観られるというのは、実にありがたい事です。
OTTAVA.tv
視聴ガイド https://ottava.tv/guide/
視聴プラン https://ottava.tv/plan/