大雨とルロイ・アンダーソン

全国的に大雨が続いています。

ニュースで報じられる災害情報を目にして

いつまで続くかわからない雨音を耳にしていると

不安がぐっとこみ上げてきます。

(そのうえTVでは異常と感じる報道もあったとか)

気持ちが苦しくなった時に、その中にはまり込んだままにしておくと

ずっと苦しく重たくなっていくばかり。

そういう時に、人によって時によって、体を動かしたり、美味しいものを食べたり、本を読んだり、音楽を聴いたりなど、自分で自分の手当てをして乗り切るものでしょうか。

今回は、私はルロイ・アンダーソンの音楽を聴きました。

ルロイ・アンダーソンはOTTAVAで聴いて初めて知った作曲家です。

軽やかで、楽しく、考え込ませない。それでいて、側にそっと寄り添ってくれる。

そういう音楽です。

重たい空気の中から自分を救い出す手段のひとつとして、いかがでしょう。