もしかすると必要ないのかもしれません

オオイヌノフグリ

昨日と今日と2日続けて、インターネットで大規模な障害が起きていました。

昨日はGoogle、今日はFacebookです。

昨日のGoogle障害には、Gmailを普段から使っている身としては

少し困った事がありました。

今日のFacebook障害では、普段見ている投稿をしばらく見られない、

という程度の事なので、それほどの影響はありません。

どちらも暫く待っていれば「普段通り」になるのでしょうから

止まっているものはそっとしておいて、他の事をしていれば良いわけです。

この2つの世界的に普及しているものがダウンしたのを見て、ふと感じたのは

「本当にこれが必要なのかしら?」と思い出させてくれるためのトラブルかな?

という事です。(関係者の方には申し訳ないですが・・)

Gmailは普段使いしている主なメールがこれだと困る事になるなぁ、と感じて

切り替えようかという気持ちになれましたし

Facebookは告知などに使ってはおりますが、これしかプラットフォームがないわけではない。

別のところに乗り換えようと思えば出来るわけです。

そう考えると「これしかない」というものはこの世界には存在せず

どんなものにも執着する必要はないのですし、

ひとつのものが無くなった事で、次の新しいものに出会えたりもするのです。

そこに新しい、もっと良い世界が待っていたりもします。

今は便利で快適で楽しくて使っているものでも、いつかは終わる時が来る。

執着しないで、今この時をただ楽しんで愛して、時が来たら気持ちよくお別れ出来る。

それで良いのだなぁと改めて感じて、気持ちが軽くなった出来事でした。