半襟をつくるワークショップ

半襟ワークショップ

イベント詳細

このイベントは 23 6月 2019 から 27 10月 2019 まで開催しています。 次回の開催は 2019年9月29日 13:00 です。


型染で白い半襟や、半襟のサイズに切った生地に柄をつけてオリジナルの半襟を作るワークショップです。

ご自宅にある、一部だけ汚れている半襟や、端切れの生地などをお持ちください。
色々な型の中からお好きなものを選んで頂いて、生地の好きな場所に好きな色で柄をつけて楽しんで自分だけの半襟を作って頂きます。

お持ちの着物に合わせたい半襟をイメージして、型染のやり方と柄の位置や色などご相談しながらお作り頂きます。

楽しいお出かけの時に自分で作った半襟をつけて着物を着られるのはわくわくする体験になるのではないでしょうか。


◆制作例◆
半襟見本半襟見本半襟見本半襟見本半襟見本半襟見本

型は小さいものをご用意しますので、その中からお好きなものをチョイスしてお持ち頂いた半襟に柄をつけて頂きます。

ワークショップで使う型

使う型の一例です

<当日の流れ>

①型の中からお使いになりたいものをお選び頂きます。

②摺り染のコツを実演をしながらご説明いたします。

③練習用の小さい生地をご用意いたしますので、そちらで練習して頂きます。

④摺り染のコツがつかめたら、お持ち頂いた半襟の生地に柄をつけて完成させて頂きます。

⑤完成作を自慢しあいながらお茶をしてクールダウンして終了です。

半襟をつくるワークショップですので、お越し頂く方は「着物好き」の方々でしょう。
作業をしながら、着物の情報交換なども楽しめると思います。
着物友だち同士でご参加頂いても結構ですし、お一人でお越し頂いた方も
「着物」という共通の世界を持っている人たちとの交流を楽しめるのではないでしょうか。

完成した半襟をどこに着けて行こうかなど、楽しくお話をしながらのワークショップになればと思います。
会場は琵琶湖にほど近い静かな住宅街にある和室です。
丸いテーブルを囲んで着物の事を話しながら自分が身に着けるものを作る楽しい時間となるでしょう。

お持ち頂く半襟について

・色の濃いものは顔料が乗りませんので、おすすめできません。
・素材は綿、麻、絹、ポリエステル全て大丈夫です。
・表面に筋やしぼが入っているものは、顔料がにじみやすく難しいです。(トライしてみるのはもちろんOKです)
・半襟のサイズに切った生地でもOKです(約16cm×100cm)
(柄が入っているものでも大丈夫です。※色が濃くないもの)
(綿のブロードやオックスフォード、シーチングなどが比較的失敗しにくい生地です)
※ご自身で素材の半襟を準備出来ない方は事前にご相談くださいませ。
 白いポリエステル半襟をご用意いたします。(1枚¥600)

詳細

時間  13:00-16:00
参加費 ¥4000
開催場所:ツバメ堂アトリエ(滋賀県大津市、湖西線小野駅徒歩5分)

染める半襟の生地をお持ちください。エプロンなど適宜お持ちください。

お申込みはこちらへ
ワークショップお申し込みフォーム

9月 2019
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
« 8月   10月 »

個別のワークショップや、出張での開催もご相談ください。

ワークショップリクエストフォーム