琵琶湖の色と幻想と

琵琶湖20181217

昨日の琵琶湖です。

空は重たい雲に覆われていて、少しだけ青空が見えていました。

その空を反映して湖の色も水色と灰色と白になっていました。

湖の色は空の状態をそのまま反映しているのです。

湖そのものの色というものはないという事なのでしょう。

 

お医者さんの学校はレベルが高いというのは幻想、

お洒落な一等地に住んでいる人は凄いというのも幻想。

ぜんぶ空の色が映っていただけでした。

では何を選んで生きてゆけば?

そもそも「何もない」のですから

自分にほんとうにフィットするものを選べばいいのでしょう。

その色が映ります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください