鳥の群舞をみたおはなし

鳥の群舞

一昨日出かけた今津の浜で見た

ユリカモメがぐるぐると飛んでいた情景が忘れられません。

大きな円を描いてくるくると廻り続けたり

円をといてあちこちを回遊したかと思うと

また円を描いたり。

何故こんな動きをしているのかわからないまま

ただ魅了されてずっと眺めていました。

まるで集団でダンスを踊っているようでした。

全体の動きを決めている鳥が一羽いるというのでもなさそうで

それでいて統制がとれているのです。

それぞれの鳥が「個」でありつつも「全体」である

そういう状態なのでしょうか。

ヒトという種族があれを真似しようとすると

かなりの練習と訓練が必要でしょう。

ヒトには「自我」という少し厄介な荷物があります。

鳥たちの見事な群舞に出会えたことに感謝です。

あれを描きたいと考えるのはおこがましいでしょう。

それでもあの場面を見せてもらったのが

意味のない単なる偶然とは思いません。