2009年10月一覧

本にだって雄と雌があります

浪花版『百年の孤独』とでも名付けたい、虚構と現実日常と非日常が交錯しどちらがどちらか判らなくなり、そのうち読んでいるのか読まれているのか自分...

奇蹟の画家

こころを動かされる作品に出会うたびに思うことは、「なぜこの作品にはこころが動くのか」「こころを動かす要素は何なのか」を知りたい、ということ。...

七夜物語

新聞連載時に毎朝楽しみにしていた物語。 酒井駒子氏の絵が物語世界をさらに豊かにしてくれる。 上下巻をもったいないと思いながらも一気に読んでし...