シャツに摺り染をしてリメイク

摺り染シャツ・前

白いオックスフォード地のシャツに

ツバメの型を使って全面に摺り染をしたものです。

使った型は同じ形のものを大小ふたつだけです。

生地の上に型を置いて上から刷毛で顔料を摺りこみ

型を次の場所に動かして、また顔料を摺りこみ、と

同じ作業を何度も繰り返しました。

色や柄の置き方でリズムをつくり

シャツ全体を鳥が飛び回っているようなものにしてみました。

後ろはこのようになっています。

摺り染シャツ・後

ちなみに、元のシャツはこんなものでした。

だいぶん着て洗濯してくたびれた状態のものです。

シャツ

ワークショップのA「摺り染体験ワークショップ」では

このように服のリメイクをする方もおられます。

このシャツのように全体に柄を入れるには一回のコースでは難しいですが(私が手早く作業をして三時間ほどかかりました)、数回参加して頂いて「大物」を完成させて頂くことも可能です。

型染ワークショップ