型染ワークショップ

ツバメ堂は、定期および不定期に型染ワークショップを開催しています。

型染の基本的な技法を楽しく覚えて作品をつくるワークショップから、ご自身のデザインでオリジナルの作品を完成させるワークショップまで、それぞれの段階に対応しています。


①摺り染ワークショップA(毎週水・日 14:00-16:30)

摺り染ワークショップA

ひとつの型を使って、グラデーションをつけながら手拭いに柄をつけていくワークショップです。

摺り染の基本的なコツ、刷毛の使い方、グラデーションに作り方などを覚えつつ、ひとつの形を自由に配置してゆく事で、オリジナリティのある作品をつくる事が出来ます。

最初に刷毛と顔料の扱い方、グラデーションの作り方をじっくりと練習して頂いてから、本番の生地に摺り染をしてゆきます。

使う生地は綿のさらしです。初めての方にも扱いやすい素材です。

型を布の上に置いて、刷毛で丹念に顔料をつけてゆく作業は、集中してやっているうちに無心になってゆきます。

ワークショップでは複数の方が同時に作業をされますが、それまで賑やかにお話をしていた空間が、摺り染の段階に入ると水をうったようにしーんとなります。

気持ちのよい集中の時間だと、ワークショップに参加される方が仰います。

http://zbame.jp/workshop/surizomea/

予約ボタン


②摺り染ワークショップB(不定期)

摺り染ワークショップ

原則として、摺り染ワークショップAを体験された方向けのコースです。

摺り染ワークショップAで覚えた摺り染の技術を使って、複数の型を使って、好きな色で好きな場所に柄をつけるワークショップです。

染める素材は、ご自身でお持ちのハンカチや半襟やシャツなどをお使い頂きます。※綿のハンカチ等も材料費別途にてご用意いたします。


③型を彫って摺り染をするワークショップ(不定期)

①と②のコースでは、型はあらかじめ作ってありますが、③のコースでは、図案を元に型をご自身で彫って頂き、その型で摺り染をして作品を仕上げて頂きます。

型を彫る作業は力仕事です。肩がこったり、指が痛くなったり、といった事もあります。

①②と違って、彫った型をお持ち帰り頂けますので、ご自宅で摺り染が出来るようになります。(刷毛と顔料もご自身で調達できるように情報をお伝えします)


④自分でデザインをして型をつくり、摺り染をするワークショップ(不定期)

デザインの段階から始まるワークショップです。一回では終わりませんので、二回コースとなります。

一回目に何を作るか、という事をまず決めて、絵を型にするためのポイントなどをお伝えして、図案を考えて頂きます。

二回目で図案を元に型を彫り、素材に摺り染をして作品を仕上げます。

完全にオリジナルの作品が出来るコースです。


このほかに、和紙に型染をするワークショップなども計画しております。詳細が決まりましたら、お知らせいたします。