ウィリアム・モリス展をみてきました

摺り染スカーフ

大山崎山荘美術館で開催中の

ウィリアム・モリス -デザインの軌跡を観てきました。

(写真は展覧会とは関係なく、摺り染スカーフの柄です)

花の型をデザインするのに、ウィリアム・モリスの作品をたくさん見ているところだったので、展覧会の情報を見かけたときに、行っておこうかなと感じたのです。

お天気の良い日で、大山崎山荘美術館は久しぶりで、あの美しい建物と、そこにぴったりなモリスの作品をゆっくりと2時間以上かけて堪能しました。

「役に立たないものや、美しいと思わないものを、家に置いてはならない。」

モリスの言葉ですが、今のデフレ街道まっしぐらな雰囲気の中で暮らしていると、イタタ・・・と感じずにいられない一撃があります。

つい、100均のものを買って済ませたりする事が多いのです。

ディスカウントな商品にはとても助けて貰っていますし、”役に立つ”ものに違いないのですけれど、誰かの痛みの上に成り立っているものでもありますし、頼り切るのはやっぱりなぁ、と思います。

多くのものが必要ではない、美しいと感じるものをほんの少しだけ持っていれば、人生は豊かなものになるのです。

改めてそう感じました。

展覧会の後、京都でリュートの演奏を聴いたのですが、

そのリュートの歴史についてパンフレットの言葉に

「アーツ・アンド・クラフツ運動」の事が出てきたのです。

古楽器が一度廃れて、その後、アーツ・アンド・クラフツ運動の流れて美しさが見直されて、蘇ってきた、そのような事でした。

リュートを聴いた会場からほど近いところに駒井邸もあって、そちらにも数年ぶりに訪れました。

「美しいもの」に触れてかんがえる一日でした。

大山崎山荘美術館での展覧会は7月16日までです。
https://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/38588/

駒井家住宅
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%92%E4%BA%95%E5%AE%B6%E4%BD%8F%E5%AE%85