うれしいはふえる

うれしいはふえる、というお話です。

先だっていきなり東京へコンサートを聴くために

無理やりお勤めをお休みさせて貰ったときのこと。

半日お休みを頂いて、早退させて頂いたのですが

その日はちょうど、ちょっと大きめな動きがあった日で

(普段は静かで落ち着いていて、半休させて頂いても

それほどおおごとにならないような有難い環境なのですが)

リーダーさんとパートの私2人の勤務体制でこの状況では

途中で帰るようなことはやっぱり出来ないよな、

諦めざるを得ないかな、と思ったのです。

そうしたら、リーダーさんが仰ることには

「自分の好きな人が楽しそうにしているのは嬉しいから♪」

涙が出るほど嬉しかったです。

こんな事を言ってもらえるような仕事を自分は出来てるのかな、

喜ばれる仕事しよう。と思いました。

こんな風にして嬉しいが循環して増えていくのが

人の世界の理想なのかもしれません。

今のところ私は

自分が好きな人の幸せを喜ぶ、がせいぜいで

好きじゃない人の幸せを喜ぶ、まで行けるとたいしたものですが

まぁそれは目標ということで。

ひとの幸せは自分の幸せ。

ひとが喜んでいるのを見られるのは嬉しい♪

あの人は幸せだけど私は幸せじゃない

みたいな比較をしても、自分は幸せにはなれない。

それどころか気分が悪くなってますます不幸せになってしまう。

それより人の幸せをちゃっかりおすそ分けを頂いて

嬉しい気分になったほうがお得じゃないですか。

人の不幸は蜜の味

とかいう概念は遠き昭和の遺物。

もう要りませんね。

ひとの幸せは私の幸せ。

ひとの嬉しいを自分の嬉しいにしてしまえば

嬉しいは増えるのです。

というお話でした。