今見ヨ、イツ見ルモ

びわ湖の貝殻

写真はびわ湖の浜にたくさん落ちている貝殻のひとつです。

お散歩の時に歩きながらふと目にして「ああ美しいな」と感じます。

小鹿田焼の飛びカンナのように見えませんか。

いつも歩いている所をいつもの所だと思って歩いていると

こんな美しいものを見つける事も出来なくなります。

柳宗悦の「今見ヨ、イツ見ルモ」という精神は、日常の中にあるのだと思います。

※以前もこの言葉の事を書いていました。

今見ヨ、イツ見ルモ

今日出会う全てのものに、今初めて出会ったように対する。

自分自身に対しても。

何もかもが新鮮になります。