つけ帯 菊桜小紋

つけ帯・菊桜小紋

遠州綿紬の生地に型染めをして仕立てたつけ帯です。
デザインした文様を渋紙で型を彫り、生地の上において顔料を刷り込むという工程で制作しています。
顔料の雲母を使用しています。雲母は唐紙などにも使われている材料で、光が当るときらきらと輝くものです。この帯も日の光のあたり具合でほのかにきらめいて見えます。浅葱色のような地の色に雲母の白と青い顔料がさわやかな色合いです。柄は唐紙などに使われている文様です。伝統的な雰囲気のするつけ帯になりました。

仕立には三河帯芯を使用しています。
胴に巻く部分とお太鼓になる部分の二つのパーツで出来ているシンプルな二部式帯です。胴パーツを結ぶ紐はモスリンの腰紐を使用しています。

帯結びが苦手な方や急ぎのお出かけの際に、つけ帯はなかなか重宝なもの。
正式なお出かけではない時に、名古屋帯を締めるのがちょっとしんどいなぁ、
などという時のピンチヒッターにもなったりします。

当店のつけ帯は、名古屋帯を実際に締めるのと変わらない感覚で使えて
収納の際には他の帯や着物と同じように平らな状態でたとう紙で仕舞えるよう
形を工夫して作っております。

楽しい着物ライフにお役立てください。

サイズ(概寸)
胴パーツ 15.5cm×205cm
お太鼓パーツ 30.5cm×100cm

つけ帯 菊桜小紋

つけ帯 菊桜小紋

つけ帯 菊桜小紋

つけ帯 菊桜小紋

つけ帯 菊桜小紋

つけ帯 菊桜小紋

ご購入はこちらへ(別ウィンドウが開きます)