着付けを楽にする二部式帯

ツバメ堂の「つけ帯」は、胴とお太鼓の二つのパーツで出来ている二部式帯です。

二部式帯

着物の着付けに慣れてない方、着物はずっと着ているけれども、腕の不調で名古屋帯を締めるのが難しくなった、

お出かけ前の着付けの時間がない、などなど、様々な場面で二部式帯は活躍してくれます。

今の時代の着物は普段着の着物にまで礼装の着物のルールを当てはめて、少しでもルールに従わない着方は全否定。

そんな重苦しくて窮屈な雰囲気が漂っていると感じます。

着物警察、なんていう物騒な言葉まで登場するほどに。

おかしいですよね、本来は着物を愛していて、現代の生活には合わない衣服になっているとしても(ここはツバメ堂もそう思っています。現代の生活に、着物は、合いません)

楽しく着て、その愛と幸せを分かち合いたい、という仲間、同志である筈の人たちが、

お互いにディスり合戦を繰り広げなければならないなんて。

二部式帯・ダックスフント

それぞれの美学のもとに、着物を愛して楽しく着ていて、自分のやり方とは違う着方をしている人を見ても、

ああ、あんな着方もあるのねぇ、普段着物は自由で楽しくて良いわねぇ、と喜び合えるような、そんな関係になれないものでしょうか。

というわけで(前置きが長いですが)気楽に着物を着るための、二部式帯なのです。

この帯は、胴とお太鼓の二つのパーツで出来ていて、お太鼓の形はつくってありません。

お太鼓の後ろに折り返して入れる「て」の部分は、胴のパーツについています。

着物を着始めた時の私が、色々なつけ帯を試してみて、この形が最も理にかなっている、と感じたのです。

名古屋帯を締める時の感覚と、そう変わりなく、お太鼓の大きさを調節出来ますし、

「て」の部分を長めに作ってありますので、銀座結び風にも出来ないこともありません。

二部式帯・植物柄

着物を着始めた方にも、着物にすっかり慣れている方にも、どちらにも便利で愛して頂ける、気軽な帯、そういうものにしたいと思って作っています。

しばらく二部式帯は作っていませんでしたが、またぼちぼち再開します。

着物界の底知れぬ恐怖や罪悪感に飲み込まれないで、着物を楽しんで頂きたいと思います。