型染版画「風」 / Type dyeing print “Wind”

型染版画「風」

型染版画「風」型染版画「風」 / Type dyeing print “Wind”

ひとつの決まった「型」を使っていませんので、厳密に言うと「版画」とは言えないかもしれません。

おなじ形の鳥をランダムに配置して制作していますので、一回限りの作品です。

(モノタイプと言えばいいのでしょうか)

以前に展覧会をしていたギャラリーのオーナーと一緒に京都の鴨川にかかる橋を渡っていた時に見た光景が元になっています。

夕方になっていて、空を鳥たちがずっと回遊するようにぐるぐると飛び回っていました。

それをずっと眺めていて(オーナーは付き合ってくださっていて)あの鳥が風をつくっているようだと感じました。

鳥が強い風に吹かれて飛んでいる光景を時々見ることがありますが、鳥が風に吹かれているのか、鳥が風を作っているのか、と、そう感じることがあります。

鳥が飛んでいるから風が吹いてくるのかと。

空気があるから私たちがいられる、というのが科学の常識なのでしょうが、私たちがいるから空気があるのかもしれません。

だとしたら、責任があると思います。自分を大切に生きるという責任が。


Because it does not use one fixed “type”, strictly speaking it may not be called “printmaking”.

It is a one-off work because we are making randomly arranged birds of the same shape.

It is based on the sight that I saw when I was crossing the bridge over Kamogawa in Kyoto with the owner of the gallery I was exhibiting earlier.

It was late afternoon and it flew around as if the birds were going around for the whole time.

I was watching it all the time (the owner was dating) I felt that the bird seemed to make wind.

I sometimes see birds flying with a strong wind blowing, but sometimes I feel that birds are blowing in the wind or birds are making wind.

Because the birds are flying, the wind will blow.

Because there is air, it is common sense of science that we can be felt, but there may be air because we are.

If so, I think that it is responsible. It is said to live carefully.