型染版画「月夜」 / Type dye print “Moonlight”

型染版画「月夜」

型染版画「月夜」

型染版画「月夜」 / Type dye print “Moonlight”

月の夜にけものが空を見上げてお月さまと一体化している。

そういう場面です。

私たち人間にはよくある事ですね(そうでもないですか?)

夜の空でお月さまは1人だけ(と擬人化してしまいますが)明るくぽっかりと浮かんでおられて、その光を見つめていると、自分とお月さまだけがこの世界にいるような気分になってきます。(そういう絵本もありますね)

お月さまがなかったら、この地球の夜は、なんと味気ないものになることでしょう。


A shrine looks up at the sky of the moon and is integrated with the moon.

It is such a scene.

It is common to us humans (is not it?)

In the sky of the night, the moon is only one person (and will be anthropomorphically) brightly floating and floating in the light, feeling that only myself and the moon are in this world It will become. (There are also such picture books)

Without the moon, what a tasteful thing will be on this earth’s night.