型染版画「まわるサル」/ Type dye print “Turn surround”

型染版画「まわるサル」

型染版画「まわるサル」

型染版画「まわるサル」/ Type dye print “Turn surround”

同じ形の一部をつなげて何か別のイメージを思い起こさせるものを作る、というコンセプトの作品です。

ひとつひとつの形は猿なのです。尾がくるりと丸くなっていたり、足先の形にリズムをつけたりなどしていて、装飾的な形になっています。


It is a work of the concept of connecting something of the same shape and making something reminiscent of something different.

Every single shape is a monkey. It has a decorative shape, such as the tail is rounded and rounded, rhythm is attached to the shape of the toes.