型染版画「赤狐」/ Type dye print “Red fox”

型染版画「赤狐」

型染版画「赤狐」

型染版画「赤狐」/ Type dye print “Red fox”

狐という生き物に何故か惹かれています。

子供の時にキタキツネの映画が公開されていたり、児童文学で動物が登場するものを好んでよく読んでいるからでしょうか。

細い口もとや足、太い尻尾、俊敏な動きなど、「この形を描きたい」という衝動を起こさせるものがあるのです。

動物全般に対してそういう自然にわき上がって来る「好き」感があります。

あの足の形、体の形、なんて美しい!と。

自分が所属している種であるヒトの形に対しては、そういう衝動がありません。(ですので、美術系大学で必須の人体デッサンなどの時間はあまり楽しくはなかったわけなのです)

そんな「動物の形が好き」という情熱を型染という伝統技法で表に出そうとして、このような形の作品になっているのです。

背景の曲線には特に意味を込めてはいません。いつもメインのモチーフを描いたあと、「つなぎ」をつけなくてはね、と鉛筆を走らせるままに出てくる曲線です。


I am attracted to the creature called a fox for some reason.

Is it because the movie of Kita fox has been released at childhood or because he likes to read animals appearing in child literature?

There are things that cause the urge to “draw this shape” such as thin mouth and feet, thick tail, and agile movement.

There is a feeling of “like” that naturally rises to animals in general.

That foot shape, body shape, how beautiful! When.

There is no such impulse to the human form which is the species to which you belong. (So, the time such as the essential human drawing at art college was not so enjoyable)

I am trying to put such a passion “like the shape of an animal” on the table with the traditional technique called typography, and it is a work of this form.

The background curve has no particular meaning. After drawing the main motif always, I’d like to attach “Tsunagi”, it is a curve that comes out with running a pencil.