型染版画「鼠神」 / Type dye print “Rat God”

型染版画「子」

型染版画「子」

型染版画「鼠神」 / Type dye print “Rat God”

十二支展の際に制作したものです。

鼠の神様。神様としての鼠。どちらでもいいのですが。

人間の生活の場面で出会う「鼠」を神様のように感じるのは、少し難しいかもしれません。

けれどイメージとしての鼠、物語や昔話や神話の中に存在する鼠には神性を感じることも出来るのではないでしょうか。

賢く、何かの導き手としての存在。知恵者。

そういうイメージを自分の中に持つことが出来ると、生きている世界が広がるのではないかと思います。


I made it at the Zodi Exhibition.

God of a mouse. A mouse as God. Either is fine.

It may be a bit difficult to feel “rat” that you meet in the scenes of human life as God.

But maybe we can feel the divinity of rats as images, rats existing in stories, old stories and myths.

Wisely, existence as a guide of something. Wisdomman.

If I can have such an image in myself, I think that the living world will spread.