型染版画「けもの」 / Type dyed print “Keimono”

型染版画「けもの」

型染版画「けもの」

型染版画「けもの」 / Type dyed print “Keimono”

けものと同じ型を使った色違いの作品です。

これは何の動物ですか、鹿ですか、馬ですか、と訊かれます。

確かに、顔は犬のよう、耳は兎のよう、蹄がついていて、尾はライオンのよう。何だい、こりゃあ、と思われても仕方がないですね。

何の動物、と決めてはいません。「けもの」です。

実在の動物の形をうつしとりたいのではなくて、その雰囲気やイメージを作りたいのです。

京都へ転居して最初に展覧会をした時に、タイトルを何にしようか、と考えて、「イキモノノケハイ」という言葉が自然に出てきたのです。

その時にはそう深く考えていなかったのですが、(考えていないからこそ出てくるのでしょう)なるほど言い得て妙。

型染版画作品を販売しているサイトも同じ名前になっています。

ikimono no kehai

このタイトルは、この先もずっと使ってゆきます。


It is a work of different colors using the same type as a beast.

You are asked what kind of animal, deer, horse is this.

Indeed, the face is like a dog, the ear is like a rabbit, with a hooves, the tail is like a lion. What is it, I can not help being wondering what?

I have not decided any animals. It is “Beast”.

I would like to make the atmosphere and image, not wanting to tell the shape of real animals.

When I moved to Kyoto the first time I had an exhibition, I thought of what to make the title, the word “ikimono no kehai” naturally came out.

I did not think so deeply at that time, but I can tell you that it is because I can not say (because I do not think about it).

The site selling type dye print works also has the same name.

ikimono no kehai

I will continue to use this title for a long time.