型染版画「イルカ」/ Type dyed print “Dolphin”

型染版画「イルカ」

型染版画「イルカ」

型染版画「イルカ」/ Type dyed print “Dolphin”

イルカが海の中で遊んでいる、という図です。

そのイルカが、少々悪党顔だったりするのは、この作品を作った当時は”洒落っけ”を入れたがる癖を私が持っていたのです。

展覧会ではタイトルを「いるかあかるい」と回文にまでしていました。

コミカルなものを含ませたがるところがあったのです。(今でもそうですが)

笑いを提供する文化(落語など)を価値の低いものとみなす風潮に対する反発心のようなものを持っていました。(今もそうですが)

笑いというのは生きる力を与えるもので、それを作り出す技はとても高度なものだという確信が、昔からあるのです。

若い時に落語全集をひたすら読んだ事などが影響しているのでしょうか。

出来れば自分も、そういう”ほんとうの笑い”を作り出せるものでありたいという気持ちが根底にあります。

(いまのTV等が作り出している”笑い”=”嘲笑”を高度な技とは思いません・・・)


It is a picture that dolphins are playing in the sea.

That dolphin was a bit scary face, at the time I made this work, I had a habit of wanting to wear “fashionable”.

At the exhibition we had titled “I am lucky or amazing” to palindromic.

There was a place I wanted to include comical things. (Even now though)

I had sort of repulsion against the tide that regards laughter-providing culture (Rakugo etc.) as low value. (As it is now)

Laughter gives the power to live, and there is long ago that the skill to create it is very advanced.

Was it influenced by having read all the rakugo complete collections when I was young?

If possible, I also feel that I want to be able to create such “real laugh”.

(I do not think that “laughter” = “ridicule” that is being created by TV and others now is an advanced technique …)