型染版画「天使の梯子」/ Type dye print “Angel’s ladder”

型染版画「天使の梯子」

型染版画「天使の梯子」

型染版画「天使の梯子」/ Type dye print “Angel’s ladder”

「かたちをさがす」という展覧会を開催した時に制作したものです。

同じ形を複数つなげて配置してみたら、何か他の物を思いおこさせる形にならないだろうか。

そういうコンセプトで作品を作っていた時期のものです。

これは二人の天使が足と羽の部分でつながっていて、対称になっているように見える形です。

タイトルは、この絵が出来上がってからつけました。

お互いがお互いの影になっているような、それぞれの世界の梯子を歩いているような、そんなイメージです。

この天使達は、すぐ近くにいるように見えて、互いの存在を全く知らず、別々の世界にいるわけです。

私たちももしかしたら、全くの別世界に生きている自分がすぐそばにいるのに全く気づかずにいるだけなのかもしれません。


It was created when holding an exhibition “Looking for a Form”.

Would not it be a form to recollect something else if we put together the same shapes and join them together?

It is the time of making a work with such a concept.

This is the shape that the two angels are connected by foot and wing parts, appearing symmetrical.

The angel ladder of the title was attached after this picture was finished.

It is such an image that seems to be walking each ladder of the world like each other is shadow of each other.

These angels seem to be in immediate proximity, they do not know each other’s existence, they are in different worlds.

Perhaps we may just be aware that we live in a totally different world but I’m right by the side.